Making a Perfect Donut / Kyunchome

Screening + Artist Talk: 17:00 – 20:00, 14th Fri September

 

Making a Perfect Donut.

I made a plan to combine the American donut and the Okinawa's donut for making a perfect donut. But it was very hard.

This is story about a donut.

But it is not just a story about a donut.

It is story about politics, About a history about a belief and a love.

But of course it's about the donuts.

Kyunchome Artist unit formed in 2011 with Eri Homma and Nabuchi.

The March 11th, 2011. It is the day of big earthquake attacked East Japan. It was the day of the human’s ego confronted serious blow and exploded with the nuclear power plant. As I was in charge of service job at the moment, I left customers inside and run away to outside, and sought “for survival” while watching crane trunk like  guran-guran(swaying)in the construction area which was above my head. And if it is going to fall down, I wished it fall down to the other side. When I came back to the shop, I was relieved that crane trunk endured and didn’t fall after all. And, customers whom I thought I left behind, were continuing shopping.
My colleague said and joked  "My penis is as strong as seismic intensity 7" , and my boss who was in another place called me and said thoughtlessly, ”Can you come to an interview from now on?”.
At this moment, my head was “guran-guran(swaying)”. Everyone of course including me felt totally lost. Then I thought that this is “the survival”.  Survival is probably about adjusting oneself, getting on with the ego updated every moment, and “living happily” is to enjoy this momentum.   From this day, we started “Kyunchome”.  To meet my own ego, or the other’s unknown one. And beyond that, Kyunchome faces this world in order to make someone’s head gran-gran and feel like ”This is surviving".

 

 

完璧なドーナッツを作る/キュンチョメ

イベント(上映)+アーティスト・トーク

日時:9/14(金)17:00 – 20:00

 

「完璧なドーナツをつくる」アメリカのドーナツと沖縄のドーナツを合体させて 完璧なドーナツを作る、というプランを立てた。

しかしそれはとてつもなく大変なことだった。

これはドーナツの話だ。 だけどこれはドーナツの話じゃない。 政治の話だ。 歴史の話だ。 信念の話だ。 愛の話だ。

でもやっばりドーナツの話だ。

​キュンチョメ

2011年3月11日、大きな地震が東日本を襲ったあの日は原発と一緒に、人間のエゴが爆発した日でもあった。接客業をしていた私は、客のことをすっかり放り出して外に逃げて、自分の真上 でグラーングラーンと揺れ続ける工事現場のクレーン車を眺めながら「生きよう」と思った。 倒れるならば反対側に倒れてくれと。結局持ちこたえたクレーン車にホッして店に戻ると、残 してきた客は平然と買い物を続行しているのだった。同僚は「俺のイチモツも震度7」と下ネ タを飛ばし、別の場所にいた上司は「今から社内面接に来れる?」なんて死ぬほど呑気な電話 をかけてきて、今度は私の頭がグラーングラーン。どいつもこいつも、そりゃもちろん私も含 めてどーしようもなくて、これが生きるということかと思った。 生きるということはおそらく、時代とともに更新されていくエゴと付き合っていくことであり、 楽しく生きるということは、つまりそのエゴを楽しむことである。だから私達はこの日を境に キュンチョメを始めた。私自身の、そして他者の未知なるエゴに出会うために。そしてその先で、 「これが生きるってことかあ」と頭をグラーングラーンとさせるために、キュンチョメはこの 世界と向き合うのです。

Contact:

barrackdaidou@gmail.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now