Sur-Vivant in Bangkok, 2018 / Kaya Hanasaki

Performance: 14th- 16th September

“Sur-Vivant” is the performance series of Kaya Hanasaki. She created the coined word “Sur-Vivant” with “Survive” in English and “Vivant” in French, which means “Alive” and “Living”. This series will appear as the extinct (or almost extinct) animals or things, which related to that certain time and space. Some works have been transformed into other media such as installation and video works. Past works of this series are "NORA - The Stray Dog - (2009・Tokyo)", "Maya - The Yamanba Gal - (2013・Tokyo)" and "Yu Lan - The Flower Seller - (2013・Taipei ) ". She will research and perform to make new work of this series in Bankok, 2018.

 

Kaya Hanasaki born in Tokyo, 1987. M.F.A. Tokyo National University of Arts, Inter-Media course in 2012. Japan and Taiwan based artist who mainly works on Performance Art. Her artwork takes a critical view of social, political and cultural issues, shows by modern key elements such as rationalism, capitalism, and discriminations to circulate the sense of values to prospect the human being nowadays. She is co-founder and administrator of art related multi-purpose space “Ivy Palace” in Taipei, founded in 2017. Recent Performances are “Golden Intent vol.1”(Ivy Palace / Taiwan, 2018), "Kaya No Soto" (Taipei Fine Arts Museum / Taiwan, 2015). Recent Artist in Residency supported by “TOAKS Residency Taipei” (Treasure Hill Artist Village / Taiwan, 2016), “Art Action in UK” (HATCH SPACE / London, 2012).

パフォーマンス:9/14(金)-9/16(日)

 

その時その場から消え去った、或いは、消え去りそうな事物としてあらわれるパフォーマンス・シリーズ「Sur-Vivant」。「Sur-Vivant」とは、英語で「生き残る」という意味の「Survive」とフランス語で「生き生きした」、または、「生活」そのものを意味する「Vivant」という単語をかけ合わせた花崎の造語である。同シリーズに、「NORA - The Stray Dog - (2009・Tokyo)」、「Maya - The Yamanba Gal - (2013・Tokyo)」、「Yu Lan - The Flower Seller - (2013・Taipei ) 」等があり、これらのパフォーマンスからインスタレーションや映像作品としてメディアを展開することもある。今回は、2018年バンコクにおける「Sur-Vivant」をリサーチし、パフォーマンス/ワーク・イン・プログレスの形態で発表予定。

 

花崎草

1987年、東京生まれ。2012年、東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修了。 パフォーマンス・アートを中心に、合理主義・資本主義・ 情報化社会・性差や人種における差別・反戦などの現代的主題を複合的に捉えながら、それらが築くシステムと日常において「今ここでわたし(たち)が生きること」をどのように捉え直し展開していくか、といった問いを軸に活動。2017 年、台北に「草御殿」というマルチスペースを創立。アートや音楽の他、さまざまなイベントやレクチャーの企画運営をおこない、東京と台北をベースに活動している。 主なパフォーマンスに「金の意志」(2018・草御殿 ・台湾)、「蚊帳の外」(2015・台北市美術館・台湾)、レジデンスに「二国間交流事業プログラム (トーキョーアーツアンドスペース )」(2016・トレジャーヒル アーティスト ヴィレッジ・台北)、「Art Action in UK」(2012・ハッチスペース・ロンドン)等。

Contact:

barrackdaidou@gmail.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now