#IMMUNITY BANGKOK

Live Performance and Talk Event 15:00 – 17:00 15th Sat, September(Tentative)

Talk Guest: Wantanee Siripattananuntakul

Screening and Exhibition 14th- 16th, September

‘Impurity / Immunity’ is a project to face our contemporaneity in the form of an ex­hi­bi­tion. Par­tic­i­pat­ing artists are Shun Owada, Ken Sasaki, Yusuke Taninaka, Hirofumi Nakamoto, Takeshi Hyakutou and Eriko Mukai. This ex­hi­bi­tion toured to Okinawa after the pre­miere in Tokyo. This time, at the Barrak Pavilion, we will organize the talk event #IMMUNITY, which we have continued in various places to discuss and share the theme and our practices.

To search for the ways to ‘co-exist’ in the con­tem­po­rary society where com­plex­i­ty and confusion are seem­ing­ly growing greater, this ex­hi­bi­tion intro­duces two concepts; ‘impurity’ and ‘immunity’. Vividly de­scrib­ing a civ­i­li­sa­tion where attempts of protecting the uniqueness and purity of own ironically results in ex­tinc­tion of their com­mu­ni­ty, Roberto Esposito uses the concept to ‘immunity’. Such at­ti­tude seen in the ‘9.11’ or in Nazism, for example, can be ex­plained as a thorough ‘auto­immunization’. Anything can conflict with a cer­tain immune system as an ‘impurity,’ rather, ‘coexistence’ is a con­tin­u­ous active tension between impurities and immunities.

‘Impurity / Immunity’ is a project that confronts the era, together with a faith to be an ‘impurity’.

 

Shun Owada

1985 in Former village of Kuriyama of Tochigi. Re­ceived his M. F. A. in Intermedia Art from Tokyo Uni­ver­sity of the Arts in 2012. Solo ex­hi­bi­tions include “Paleo-Pacific” (Tokyo Wonder Site Hongo, Tokyo, 2016), “unearth” (NTT InterCommunication Center, Tokyo, 2015). Group Shows include “singing falsetto” (Oyama City Kurumaya Museum of Art, Tochigi, 2017), “Mal­for­med Objects” (Yamamoto Gendai, Tokyo, 2017), “Sound Reasons Fes­ti­val” (1Shanti Road, India, 2016). Nominated for 20th Japan Media Art Fes­ti­val (2017, Tokyo). Awarded a Grand Prize of Tokyo Ex­per­i­men­tal Fes­ti­val vol. 9 (2014, Tokyo).

 

Takeshi Hyakuto

1980 in Gunma. Graduated from the Department of Language Studies of Teikyo Uni­ver­sity in 2004. Solo ex­hi­bi­tions include “Site. D” (TAP Gal­lery, Tokyo, 2016), “Busy, busy, busy” (TAP Gal­lery, Tokyo, 2015), “The Return of Why an Illustrated KAIJU Dictionary” (Saito Museum, Tokyo, 2010). Group Shows include “Seize the Uncertain Day” (The Uni­ver­sity Art Museum - Tokyo Uni­ver­sity of the Arts, Tokyo, 2017), “Debris*Lounge” (Genron Chaos*Lounge Gotanda Atelier, Tokyo, 2016), “X association with Parplume” (Moritakaya, Fuku­shima, 2016), “Kitakagaya Crossing 2013: MOBILIS IN MOBILI” (COOP KITAKAGAYA, Osaka, 2013). Nominated for Gabriele Basilico Prize in Ar­chi­tec­ture and Landscape Photography (Italy, 2015).

 

Hirofumi Nakamoto

1986 in Kanagawa. Re­ceived his M. F. A. in Film and New Media from Tokyo Uni­ver­sity of Arts in 2013. Group Shows include ”Accidental Tools” (Shibuya Hikarie 8 / COURT, Tokyo, 2014), ”Orality in the Moving Image” (Shibuya Hikarie 8 / COURT, Tokyo, 2013). His works were shown at the Encounters Fes­ti­val (UK, 2017), FILMFEST DRESDEND (Germany, 2015), VISIONS DU REEL (Switzerland, 2014), In­ter­na­tion­ales Kurzfilm Fes­ti­val Hamburg (Germany, 2014), Imagine Science Film Fes­ti­val (USA, 2014), Berlin In­ter­na­tion­al film Fes­ti­val (Germany, 2013), In­ter­na­tion­al Documentary and Short Film Fes­ti­val of Kerala (India, 2013), Milano Film Fes­ti­val (Italy, 2013), Wathann Filmfest (Myanmar, 2013).

 

Eriko Mukai

1990 in Hyogo. Re­ceived his M. F. A. in Sculpture from Kyoto City Uni­ver­sity of Arts in 2015. Solo ex­hi­bi­tions include “approach 2 (oil drilling) ” (Gal­lery PARC, Kyoto, 2016), “approach 1 (original) approach 1 (archive) ” (Alainistheonlyone, Kyoto, 2015). Group Shows include “Kyoto City Uni­ver­sity of Arts transmit pro­gram 2017” (@KCUA, Kyoto, 2017), “New Rube Goldberg Machine” (KAYOKOYUKI, Komagome SOKO, 2016), “Tsushima Art Fantasia 2016” (Various places of Tsushima, 2016), “SYASYOU-KOU” (3331 Arts Chiyoda, Tokyo, 2015).

Ken Sasaki

1976 in Kanagawa. Re­ceived his M. F. A. in Mural Painting from Tokyo Uni­ver­sity of the Arts in 2002. Solo ex­hi­bi­tions include “These / Foolish / Things” (Aoyama Meguro, Tokyo, 2011), “Still Live” (Aoyama Meguro, Tokyo, 2011), “Separation” (AKIYAMA Gal­lery, Tokyo, 2005). Group Shows include “I’m sorry please talk more slowly” (Shibuya Hikarie 8 / CUBE1, 2, 3, Tokyo, 2015), ”ITAZUKUSHI” (see saw gallery etc., Nagoya, 2014), ”THEORY OF EVE­RY­THING” (Workstation Arts Center etc. , China, 2007), “soner 2006” (The Centre de Cultura Contemporània de Barcelona, Spain, 2006).

Yusuke Taninaka

1988 in Osaka, live in Berlin. Re­ceived his M. F. A. in Sculpture from Kyoto City Uni­ver­sity of Arts in 2014. Solo ex­hi­bi­tions include “In/Flesh/Out” (Kunstraum Kreuzberg / Bethanien, Berlin, 2015), “6AM Center, Boundless 6PM” (Alainistheonlyone, Tokyo, 2014). Group Shows include “Chronicle, Chronicle!” (Creative Center Osaka, Osaka, 2016–2017), “Joan Jonas Workshop Ex­hi­bi­tion” (Villa Iris of the Botin Foundatio, Spain, 2016). Kyoto City Spe­cial Bounty Program For Art And Culture (2016). Grand Prize of Art Award Tokyo Marunouchi (2014). Grants for Overseas Study (Germany) of the Pole Art Foundation (2016).

Dai Hijikata

Artist, coordinator, installer, 1989 Born in Nagoya city, Aichi prefecture. In 2011, graduated from Kanazawa College of Art and Art sculpture major. Currently, Akita University of Arts Graduate School of Transdisciplinary Arts Assistant. Create for installation works. It like which change the form by external factors such as temperature, humidity and light. Also, management of space, exhibitions and events. As a space administrator, exhibition planning, and project management, I also participate in the installation of works such as art festivals and exhibitions as an installer

Arata Hasegawa

Born in 1988. Indepedent Curator. The curator of " Impurity / Immunity".

パフォーマンス・上映・展示・トークイベント

上映・展示: 9/14-9/16 15:00 – 20:00

トークイベント:9/15(土)15:00 – 17:00(仮)

トークゲスト​:ワンタニー・シリパッタナーナンタクーン

展覧会 WEBサイト

 

「不純物と免疫」展は、展覧会という形式を通して時代と向き合うプロジェクトである。参加作家は大和田俊、佐々木健、谷中佑輔、仲本拡史、百頭たけし、迎英里子の6名で、本展は東京での会期後、沖縄に巡回した。今回、Barrakパビリオンでは、展覧会前から継続的にさまざまな地域を回りながら続けているトークイベント「#IMMUNITY」を行う。

ますます複雑化し混迷を極めるかに思える現代社会において「共存」の技法を模索するため、本展では「不純物 impurity」と「免疫 immunity」という概念を導入する。自分たちの固有性や純粋性を過度に守ろうとする結果、かえって自分たちを死滅させてしまう文明のありようを、イタリアの哲学者ロベルト・エスポジト※2は「免疫」という概念を用いて活写している。「9.11」やナチスのそれは、まさに「自己免疫化」の徹底として説明されうる。しかし、どこまで徹底しても完全に純粋な存在などあり得ないために、あらゆるものは不純物として何らかの免疫システムに抵触しうる。「共存」とは不純物と免疫の絶えざる動的な緊張関係に他ならない。本展の作家たちの実践は、自己免疫化した時代において、なおも「不純物」たろうとする態度の形式なのである。

 

大和田俊

1985年栃木県旧栗山村生まれ。2012年東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修了。主な個展に「Paleo-Pacific」(2016年、トーキョーワンダーサイト本郷)、「unearth」(2015年、NTT InterCommunication Center)。グループ展として「裏声で歌へ」(2017年、小山市立車屋美術館)、「Mal­for­med Objects」(2017年、山本現代)、Sound Reasons Fes­ti­val(2016年、1Shanti Road、インド)などに参加。第20回文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品(2017年)。Tokyo Ex­per­i­men­tal Fes­ti­val vol. 9 最優秀賞受賞(2014年、トーキョーワンダーサイト)。

百頭たけし

1980年群馬県生まれ。2004年帝京大学文学部日本アジア言語文化学科卒業。主な個展に「カイポンする」(2017年、コ本や)、「D 現場」(2016年、TAP Gal­lery)、「Busy, busy, busy」(2015年、TAP Gal­lery)、「帰ってきた なぜ、怪獣図鑑か」(2010年、多摩美術大学内サイトー美術館)。グループ展として「Seize the Uncertain Day」(2017年、東京藝術大学美術館)、「Debris*Lounge」(2016年、ゲンロン カオス*ラウンジ五反田アトリエ)、「X会とパープルーム」(2016年、もりたか屋)、「MOBILIS IN MOBILI –交錯する現在–」(2013年、コーポ北加賀屋)などに参加。Gabriele Basilico Prize in Ar­chi­tec­ture and Landscape Photographyノミネート(2015年)。

 

仲本拡史

1986年神奈川県生まれ。2013年東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修了。主なグループ展に「Accidental Tools 予測不可能な文房具」(2014年、渋谷ヒカリエ 8 / COURT)、「いま、映像でしゃべること? Orality in the Moving Image」(2013年、渋谷ヒカリエ 8 / COURT)。エンカウンターズ映画祭(2017年、イギリス)、ドレスデン映画祭(2015年、ドイツ)、ヴィジョンドレール映画祭(2014年、スイス)、ハンブルク国際短編映画祭(2014年、ドイツ)、イマジンサイエンス映画祭(2014年、ニューヨーク)、ベルリン映画祭(2013年、ドイツ)、ケララ国際映画祭(2013年、インド)、ミラノ映画祭(2013年、イタリア)、ワッタン映画祭(2013年、ミャンマー)などに参加。

 

迎英里子

1990年兵庫県生まれ。2015年京都市立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。主な個展に「アプローチ2(石油)」(2016年、Gal­lery PARC)、「approach 1 (original) approach 1 (archive)」(2015年、Alainistheonlyone)。グループ展として「京芸 transmit pro­gram 2017」(2017年、@KCUA)、「新しいルーブ・ゴールドバーグ・マシーン」(2016年、KAYOKOYUKI・駒込倉庫)、「対馬アートファンタジア2016」(2016年、対馬市各所)、「アキバタマビ21特別企画展・捨象考」(2015年、3331 Arts Chiyoda)などに参加。

佐々木健

1976年神奈川県生まれ。2002年東京藝術大学大学院美術研究科壁画専攻修了。主な個展に「These/Foolish/Things」(2013年、青山|目黒)、「Still Live」(2011年、青山|目黒)、「Separation」(2005年、秋山画廊)。 グループ展として「I’m sorry please talk more slowly」(2015年、渋谷ヒカリエ8 / CUBE1, 2, 3)、「イタヅクシ」(2014年、see saw gallery 他)、「THEORY OF EVE­RY­THING」(2007年、Workstation Arts Center、中国 他)、「soner 2006」(2006年、バルセロナ現代文化センター、スペイン)などに参加。

谷中佑輔

1988年大阪府生まれ。ベルリン在住。2014年京都市立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。主な個展に「In/Flesh/Out」(2015年、Kunstraum Kreuzberg / Bethanien、ベルリン)、「6AM 中心と端もない 6PM」(2014年、Alainistheonlyone)、グループ展として「クロニクル、クロニクル!」(2016–2017年、Creative Center Osaka)、「Joan Jonas Workshop Ex­hi­bi­tion」(2016年、Villa Iris of The Botin Foundation、スペイン)などに参加。京都市芸術文化特別奨励者認定(2016年)。アートアワードトーキョー丸の内2014グランプリ受賞(2014年)。ポーラ美術振興財団在外研修員(2016–2017年、ドイツ)。

𡈽方大

アーティスト、コーディネーター、インストーラー。1989年愛知県名古屋市生まれ。2011年、金沢美術工芸大学美術家彫刻専攻卒業。

現在、秋田公立美術大学大学院助手。気温、湿度、光などの外的要因によって形態を変化させるインスタレーション作品などを制作している。また、スペース運営や展覧会企画、プロジェクトの運営をしながら、インストーラーとしても芸術祭や展覧会などの作品設置も携わる。

長谷川新

1988年生まれ。インディペンデントキュレーター。不純物と免疫展キュレーター。

Contact:

barrackdaidou@gmail.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now